バーカウンター

【ウイスキー】ウィレット蒸留所の行きかた&要チェックバーボン3選

こんにちは、葉隠しんの(@Singularity1217)です。

今回はウィレット蒸留所の魅力に迫ります。

しんの
しんの
ここは特に、バーボン好きが知る蒸留所ですね。
バーで見つけたら、ぜひトライしてみてほしいです。
ちよこ
ちよこ
ネコが沢山居るのが素晴らしい。

 

 

3分で分かるウィレット蒸留所の概要

ウィレット蒸留所は、ケンタッキー州の南部、バーズタウンにあります。

 

1935年に、ランバート・ウィレットが設立した蒸留所ですが、環境問題で1980年代に一度閉鎖しています。

しかし2012年に、2器のポットスチルと1器のコラムスチルで稼働を再開しました。

 

 

しんの
しんの
バーボンで、スコッチのようなポットスチルは珍しいですね!
味わい深いです。

2012年の再稼働時点で、すでに8年物のバーボンが販売されていました。
他の蒸留所から樽を買い付けて販売していたようです。

なぜか?
明確な答えはありませんが、資金繰りのためであると考えられます。

バーボンは蒸留後、3年程度の熟成期間が必要なため、商品を販売するまでに資金を準備しなければいけません。
新規の蒸留所立ち上げの難しさを感じさせます。

ちなみに、ウィレットが買い付けて販売していたウイスキーは傑作のものが多く、非常に美味しいためヴィンテージバーボンとなっています。

再開後のウイスキーも非常に美味しく、特にライウイスキーは独特のクリーミーさが堪らない美味しさです。

しんの
しんの
今回の見学では、蒸留を再開した記念すべきポットスチルを見ることが出来ました。
どんどん蒸留再開後の製品が販売されているため、今後が楽しみな蒸留所です。

ウィレット蒸留所見学

しんの
しんの
今回は、マッシュタン(=発酵槽)も見ることが出来ました。
非常に満足できるので、見学訪問にはイチオシの蒸留所です。

こちらがマッシュタンと呼ばれる発酵槽です。
実際に仕込んでいるところを見られた蒸留所は数える程なのですが、ウィレット蒸留所はその中の1つです。

パイプから出てきている液体は、原料(コーン、小麦、ライ麦など)を混ぜ合わせたものです。

 

 

ちよこ
ちよこ
あんまり美味しくなさそう。

次の写真は、発酵中の写真です。
水面に気泡が見えていますが、発酵によって実際にブクブクと泡が立っています。

 

 

しんの
しんの
発酵槽にフタなんてありません。
この原始的な感じが再開したばかりの蒸留所といった雰囲気ですね。
そこが良い。手作り感がありますね。

次は、ポットスチルです。
冒頭に別の写真を掲載しましたが、味わい深い形をしています。

しんの
しんの
よく見ると配管は後付けといった感じですね。
復活を感じさせます。
愛着の沸くカワイイ形をしていますね。

 

 

しんの
しんの
お次はウェアハウス(=倉庫)です。

 

 

 

しんの
しんの
倉庫は雰囲気がよいですね。
再稼働にしては、思いのほか樽がたくさんありますね。
買ってきた樽も多いようです。

 

 

ちよこ
ちよこ
ここにもネコがいた! かわいい。

しんの
しんの
モルトを食べにくるネズミを捕まえているのでしょうか。

要チェックのウィレット蒸留所銘柄3選!

現在は蒸留所が樽を買い付けてきたバーボンと、蒸留所再開後のバーボンが販売されています。
どちらも甘さ&クリーミーな味作りを感じます。

しんの
しんの
蒸留所再開後のバーボンもかなりうまいです。
樽の買い付けがかなり上手なんでしょうかね。
1本は飲んでみる価値ありです。
蒸留再開後のバーボンはごく少数ですが流通しています。
わたしは後ほど紹介するライウイスキーが好きです。

『ウィレット ポットスティル リザーブ 47° 750ml

ポットスティルの形状のボトルが魅力的です。
味わいは、ハチミツ・カラメル・プルーンといったややビターな甘さ、そして軽やかさを感じさせます。

ちよこ
ちよこ
見学したポットスチルと同じ形。
一度見たら忘れない。

『ノアーズ・ミル 57度 750ml

こちらもマイナーなバーボンですが、傑作バーボンの1つです。
ハチミツ・カラメル・プルーンと度数を裏切らないリッチな風味の強さが魅力です。
喉の抜けかたは強過ぎず。
ロックにしても良さそうですね。

しんの
しんの
 非常に飲みやすいです。
ただ、どうしても値上がりしてしまいましたね。

『ウィレット・ライ・ウイスキー 3年 

こちらは、蒸留所再開後のライウイスキーです。
まだまだ数が少ないようでリンクはありませんが、ウイスキーに強い酒屋であれば手に入るかもしれません。
写真はわたしのお楽しみボトルです。

ライウイスキーのため、甘すぎずミントや紅茶のようなフレッシュな香りです。
味わいは、クリーミーさと55°のパンチを併せ持ちます。

しんの
しんの
クリーミーなライという経験は、100銘柄近くバーボンを飲んできた私からしても珍しいです。
バーボンマニアも楽しめる味わいだと思います。
今後に期待ですね。

呑みかけのウイスキーには、キャップ部にパラフィルムを巻いて封をしましょう。
空気が入らず、味わいが長持ちするのでオススメですよ☟

 

カヴァラン蒸留所
【台湾】カヴァラン蒸留所の見学案内&パワフルなウイスキー3選こんにちは、葉隠しんの(@Singularity1217)です。 今回は台湾のカヴァラン蒸留所の魅力に迫ります。 3分で...
ABOUT ME
葉隠しんの
座右の銘は「冗談のなかに真実あり。真実のなかに偽りあり。」 あなたに新たな発見や楽しい時間を過ごすという価値を届けます。