かすみメシ

【どんぐり】縄文クッキーの作り方【レシピ】

視線におびえるドングリのイラスト

海外で日本食が食べられない極限状態で、蜃気楼のように日本を思い出す料理レシピをご紹介します!

かすみメシ第2弾は、縄文クッキーです。

縄文時代のクッキーという、我々のルーツに海外から思いを馳せて懐かしむ味わい深い一品です

日本を離れて海外の文化に慣れ親しみながら、ふと日本の文化や歴史を尋ねられると「自分のルーツとは?」という思いが浮かんでくることがあります。

 

わたしって何だっけ。
どこから来てどこへ向かうのだろう。。。

 

突然、新渡戸稲造氏著の「武士道」を読み始めたりするかもしれません。

 

そんなシチュエーションにピッタリなのが縄文クッキーです。我々のDNAが故郷を思い出させてくれるでしょう。

 

しんの
しんの
昔はよく狩りに出かけたもんですよ。

ちよこ
ちよこ
嘘ばっかり。100歩ゆずってモンハンでしょう。

 

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、先日、取ってきたどんぐりを食します。

どんぐりを擬人化までして、楽しんだのですが食べます。食物連鎖です。
我々は何かの生命をいただいて生きています。
それを忘れないようにしましょう。

 

ときどき良いことを言おうと頑張りますね。

ルール

下記がポイントです。
最終判定はヨッメが下します。

  1. 日本の食材は利用しない
  2. 欧州食材との融合をはかる
  3. アジア食材も使用可能(世界中どこでも調達しやすいため)

縄文クッキーのレシピ

材料は下記です。

ベースとしてワッフル粉を使い、ミルクのみ少なめに入れて堅焼きにし、クッキー状態(ハ◎サブレ状態)にします。

そこにどんぐりを混ぜて縄文クッキーにします。

  • どんぐり、、、今回は結果的に5つで2枚分
  • ワッフル粉(ワフ粉) ホットケーキミックスでも可
  • バター
  • ココナツミルク(牛乳を買い忘れたため)

しんの
しんの
ハ◎サブレヒ◎コサブレって似過ぎですよね。
ハ◎サブレは、鳩派なので揉めないのでしょうか。
タカサブレだったら、戦争でしたね。

ちよこ
ちよこ
下らないこと言ってないで早く作ったら?

 

 

閑話休題。

縄文クッキーの作り方

まずはどんぐりからアクを抜き、食べられるようにします。
先日採集したどんぐり48個から、割れていないものを選ぶと6つのみとなりました。

 

少ないです。

湿っていたので仕方ないですね。

そこからさらに、まずは水につけて浮くものを取りのぞきます。
虫食いの可能性があります。

1つ浮いてしまいましたので、取り除きます。

ちよこ
ちよこ
他のどんぐり達は、森のもとの場所にそっと帰したよ。

 

食べられそうなどんぐりを煮ます。

じっくり煮ましょう。その後、殻を割ります。

どう割るか悩みました。が、縄文時代より、ツールはあるはず。

 

ということで忍法 団栗割の術を開発しました。
写真の通り、缶切りの缶を切る部分で挟み、ドライバーで叩きます。

皆さん、試してみてくださいね。

しんの
しんの
(・ω・)/ホアチャー!

ちよこ
ちよこ
調子にのるとケガするよ。

割ったどんぐりから、実を取り出します。

本邦初公開! これがどんぐりのインサイドです!

普通にナッツすね。

あ、なんかこのまま食べられそう! と思える程度には普通にナッツです。
続きまして、さらに煮込んでアク出しをします。

 

煮たあとは、さらに水につけてしばらくアク抜きのため放置します。

そして、みじん切りにして細かくします。。。

次にベースとなる生地を準備します。
卵とバターを混ぜてペースト状にします。

。。。。卵とバターを混ぜてペースト状にします。
混ぜます。が、混ざりません。

まじかよ、、、、嘘だろ、またかよ
というレベルで混ざりません。

悪夢の再来です。


横着して器ごと、ヒーターにかけてバターを良い感じに溶かすことにしました。

ちよこ
ちよこ
良い子はマネしちゃダメ。


バターが溶けて卵と混ざったところで、ワフ粉を入れて更にかき混ぜます。
少しココナツミルクを加えます。
ミルクを入れる量が多いとワッフル寄り、少なくするとサブレっぽく仕上がります。

この生地と、みじん切りにしたどんぐりを混ぜ合わせて、縄文クッキーの生地の出来上がりです。

オーブンで焼き上げます

縄文クッキーの生地を焼いていきます。
準備はOKです。

ちよこ
ちよこ
あたしはチョコチップクッキーを作ることにしたわ。生地余ってるもの。

しんの
しんの
(…ムンクの叫び?)

 

ワフ粉の説明書の通り、160度くらいで20分、、、
焼き上げます。

上手に焼けました!

お皿に盛りつけます。
丁度、縄文っぽいお皿を持っていたので、良い感じになりました。

ヨッメが作ったチョコチップクッキーを並べてみました。

食べてみたよ

しんの
しんの
縄文クッキー、香ばしくて美味しいですね。
みじん切りだとちょっと硬いので、次は粉末にしますかね。

ちよこ
ちよこ
どんぐりが食べられるなんて思わなかったわ。
硬いけど香ばしくて美味しいわね。

しんの
しんの
、、、とはいえ、日本を思い出せるかすみメシか?と問われると戻り過ぎですね。時間が。
どちらかと言えば、猿の惑星みたいな、自分たちの知らない世界に戻ったような気分になります。

ちよこ
ちよこ
めんどくさいこと言ってる。

まとめ

最終評価:案外ウマイ
分類:縄文メシ
旅愁度:∞(戻り過ぎ)

いかがでしたでしょうか。

かすみメシとは言いがたい結果となりましたが、どんぐりは、想像以上に美味しいです。

落ちてるどんぐりを見たら、縄文クッキーを思い出す程度には美味しいです。

毎年、秋の風物詩として採集して食べようかなと思います。

2週に渡り、どんぐりで遊び倒して秋を満喫しました。
楽しいことは、案外足もとに転がっているものです。

どんぐりのように。

ちよこ
ちよこ
しんのったら毎日自由研究みたい。
また何か始めたみたいだから、今後も見てみてね。
ミツを運ぶミツバチのイラスト
【ミード】ハチミツで世界最古の醸造体験【作り方】 ワインは紀元前5千年頃に生まれたと言われていますがミードの歴史はもっと古い。 全ての酒の起源と言われています。 ワインは...
ABOUT ME
葉隠しんの
座右の銘は「冗談のなかに真実あり。真実のなかに偽りあり。」 あなたに新たな発見や楽しい時間を過ごすという価値を届けます。