かすみメシ

【海外】ガリガリ君の作り方【DIY・自作】

自作したガリガリ君

ガーリガ―リ君、ガーリガーリ君、ガーリガーリーくーん♪

-言わずと知れた赤城乳業「ガリガリ君」のCMより

海外で日本食が食べられない極限状態で、蜃気楼のように日本を思い出す料理レシピ”かすみメシ”をご紹介します!

海外でもガリガリ君が食べたい

しんの
しんの
こんにちは、葉隠しんの(@Singularity1217)です。

今年のベルギーの夏は非常に暑く、記録的な猛暑となりました。
本来、ベルギーの夏は25°くらいで、扇風機があれば十分に過ごせる気温なんです。
異常気象でしょうか。
これを書いている今も暑いです。

ちよこ
ちよこ
アイスコーヒー作って飲んだけど、まだ暑い。
アイスが食べたい。
ハーゲンダッツみたいな濃厚なやつじゃなくて、氷が多いタイプのやつ。
ガリガリ君みたいなの。

しんの
しんの
、、、!
ガリガリ君を作ってみましょうか。

 

ちよこ
ちよこ
またとんでもないことを言い出した。
でも食べたい。

ルール

下記がポイントです。
日本の食材は使わないことがルールです。

最終判定はヨッメが下します。

  1. 日本食材店は利用しない
  2. 欧州食材との融合をはかる
  3. アジア食材も使用可能(世界中どこでも調達しやすいため)

材料

2人分の材料

  • レモン汁 40g
  • シロップ 35g ←液体のシロップが使いやすいです。今回はアガベシロップを使用
  • 重曹 2g ←今回は誤って6g使いました。要注意!
  • 水 200ml
  • 人口着色料:青 ←ガリガリ君と言えばソーダ味、青!

しんの
しんの
そもそもガリガリ君本質とはなんでしょうか。
皆さんは考えたことありますか?

わたしは暑い日に涼しさを求め、爽やかな青いソーダの氷菓子をガリガリと食べて、頭がキーンとなる体験にあると思います。
皆さんも一度くらいはありますよね。

ちよこ
ちよこ
色々言ってるけど、たぶんただ食いしんぼうなだけ。

材料はこちらです。

しんの
しんの
今回の材料は少ないです。

 

作り方

作り方は非常にシンプルです。
素材を混ぜて、冷凍庫に入れます。

  1. 各素材を混ぜ、1つの液体にする
  2. 青色の着色料を入れる
  3. 容器に流し入れ、冷凍庫に入れる


しんの
しんの
レモンは切って、レモン汁を絞っておきます。

 

シロップを入れ、そこへレモン汁&水を加えます。
下記のように、コーヒーサーバー&重量計を使うと作業が減ってスムーズに進みます。

そこへ、重曹を入れます。
ここで重量計が動かないトラブルが発生。

重曹を入れ過ぎました。

しんの
しんの
、、、味見すると独特のしょっぱさ? のような味わいを感じますね。
ぬるい状態で飲むと、端的に言ってまずいです。
注意してください。

ちよこ
ちよこ
不安になる情報。

そこへ青色着色料を入れていきます。

ちよこ
ちよこ
、、、すごく不安になる見た目。

しんの
しんの
混ぜていった状態が、次の写真です。

しんの
しんの
エリクサーみたいな色ですね。
ファイナルファンタジーの。

出来たものを容器に流していきます。
容器はデザートのチョコレートムース、アイスの棒はスーパーで買ったアイスに付いていたものを再利用します。
アイスの棒に巻き付けているものは、パンとかの留め具になっていたものを再利用しています。

しんの
しんの
しょぼいですが、エコロジーです。

ちよこ
ちよこ
しんのが”ガリガリ君を作るために、デザートたくさん食べなきゃいけない”って言ってたけど、詭弁だと思う。

容器に入れた状態がこちらです。
容器一杯に、入れないことがコツです。
は凍って固体になると膨張します。

ちよこ
ちよこ
なんかそれっぽいデザートに見える。不思議。

しんの
しんの
ここまで黙っていましたが、色味はレモン汁とシロップの黄色に引っ張られていますね。

ちよこ
ちよこ
それ、言っちゃう?

召し上がれ

冷凍庫で24時間たちました。
想像よりも、膨張しています。
ギリギリ溢れていません。

しんの
しんの
賢明な読者の皆さんは、お気づきかとおもいますが留め具まで固まっています。
もっと水位を低くした方が良いですね。
次回作るときは注意します。

味わいはどうでしょうか。
早速食べてみましょう。

しんの
しんの
記憶の中にあるソーダ味じゃないですね。
正直に言うと塩レモンっぽい味がします。
重曹は、極力少ないほうがよいですね。
実は、ソーダ味を作るのってすごく難しいのではないでしょうか。

ちよこ
ちよこ
底のほうに重曹が溜まっていたのか、粉っぽかった。
でもそれ以外は結構美味しい。

しんの
しんの
もしかしたら、砂糖青色だけでソーダっぽい気がしてくるかもしれません。
かき氷のシロップってカラフルでいろんな味がありますが、原材料としては着色料以外一緒なんですよね。
赤い色で、イチゴ味というからイチゴ味がすると感じる。
もし、アセロラ味って言われたらきっとアセロラ味ですよ。

ちよこ
ちよこ
夢があるような無いようなことを言う。

しんの
しんの
とはいえ、ガリガリ君の本質の1つである、勢いよく食べると「頭がキーンとなる」はクリアしたので、そこそこの実力と言えるのではないでしょうか。
何より青い
子供の頃の思い出も霞んで見えてくるので、かすみメシと言えるのではないでしょうか。
思い出のかすみメシ

ちよこ
ちよこ
、、、よく考えたら、しんのは九州出身だからガリガリ君子供の頃食べたことないはず。
むしろ竹下製菓の「ブラックモンブラン」「ミルクック」至高! とか言ってなかった?

しんの
しんの
そ、そうでしたっけ?
都合の悪いことは忘れました

ちよこ
ちよこ
調子のいいこと言ってる。

まとめ

要点まとめ

最終評価:イマイチソーダ味の再現には更なる研究開発が必要
分類:思い出のかすみメシ
旅愁度:60円握りしめて、駄菓子屋に行った記憶がよみがえる

ちよこ
ちよこ
みんなも作ってね。

しんの
しんの
関西の人にしか分からないかもしれませんが、今度はミルクックに挑戦します。
葉隠しんの(@Singularity1217)でした。
created by Rinker
タカラトミーアーツ(TAKARATOMY A.R.T.S)

ABOUT ME
葉隠しんの
座右の銘は「冗談のなかに真実あり。真実のなかに偽りあり。」 あなたに新たな発見や楽しい時間を過ごすという価値を届けます。