オトナの自由研究

【ミード】ハチミツで世界最古の醸造体験【作り方】

ワインは紀元前5千年頃に生まれたと言われていますがミードの歴史はもっと古い。全ての酒の起源と言われています。

ワインはその伝統、文化、価格において酒の最高峰かもしれません。そして世界およそ10万種。味わいも10万。
        -城アラキ氏著 「バーテンダー」より抜粋

日本の酒税法に縛られないという海外の地の利を活かし
ハチミツで作れる世界最古の原始的なお酒、ミード作りに挑戦します。

②今回は醸造手前までです。上手くいくかは分かりません。
 上手くいけば後編として、城アラキ氏著 「バーテンダー」より
カクテル「ミード・ハネムーン」に挑戦します。

日本での自家醸造は酒税法でアルコール量1%未満しか認められておりません。
もし挑戦される方がいらっしゃればご注意ください。

ちよこ
ちよこ
しんのがおすそ分けでいただいたハチミツ、美味しい。フレッシュなのかな。

しんの
しんの
フレッシュ…?ということは、天然酵母も生きてますかね。ミード(ハチミツ酒)が作れるかも? ここはひとつ、最古の作り方を再現してみますか。

ちよこ
ちよこ
っえ? お酒って自分で作れるものなの・・・? なんか凄そう。

レシピ

・ハチミツ 100g

・水 200g

(ドライイースト)←通常、流通しているハチミツを使う場合は、加熱殺菌されており、天然酵母はいません。加える必要があります。

今回はハチミツが加熱殺菌されていなさそう(未確認)なので、天然酵母に頼り、あえて入れません。ストイックに世界最古の作り方にこだわります。

※ハチミツと水量はざっくりです。どうなるか分かりません。

作り方

まず、瓶をしっかりとゆでて殺菌します。
ここで手を抜くと、ふわふわコロニーが出来てしまい、別の観察日記をつけることになります。

十分にゆでたら、引きあげてハチミツと水を入れていきます。
重量を測るため、重量計の上に置き、ハチミツを入れます。

しんの
しんの
…80g、もうちょっと105g、ちょっとオーバーしましたね。まあ良いですかね。

ちよこ
ちよこ
きちんと計量するのね。

続いて、水を200g入れます。
が・・・入りません。水180gしか入りません。

ハチミツ350gのビンなのですが、ハチミツと水で比重*が違います。
うっかりしていました。

*体積に対する重さ。ハチミツは水より重く沈みます。

しんの
しんの
うっかり、うっかり!

ちよこ
ちよこ
・・・・・・

水を入れただけでは、ハチミツと水が分離しているため、湯煎して溶かしていきます。

酵母を殺さぬよう、温度計で測り35℃くらいのお湯を準備して温めては振り、をくりかえします。

なお、湯銭しつつビンを振り溶かしていった写真は撮り忘れました。

しんの
しんの
計量・計測はいのちですね。しっかり、っと。・・・(途中の写真撮影を忘れる)

ちよこ
ちよこ
・・・雑なのか几帳面なのか、わからないわ。

完成しました

いい感じに混ざった結果がこれです。
良く見たら、ハチの巣らしき不純物が浮かんでおり、天然酵母が生きていることを期待させてくれます。

あとはひたすらに待ちます。
冬季で気温が低いため、3週間くらいはかかりそうです。(たぶん)
上手くいけばクリスマス頃には飲めそうです。

失敗したら、ふわふわコロニー成長日記をお送りするかもしれません。

しんの
しんの
上手くいきますかね。寒いから、夜はお布団に入れて温めますかね。

ちよこ
ちよこ
また変なこと言ってる。・・・(ふわふわコロニーなんて見たくない。上手くいかなそうだったら、こっそりイースト入れようかな。)

1週間経ちました


3日以降変化が起きないので、室内ヒーターのそばにおいて、25℃を維持させました。

しんの
しんの
腐ってるのでしょうか。。。

ちよこ
ちよこ
飲めなそう。

おそるおそるフタを開けると、ブシューっと音がなりました。
炭酸ガスが発生しています。

醸造は成功しているようです。
ブクブク泡立っています。

しんの
しんの
天然酵母による醸造、成功しそうですね!
ちよこ
ちよこ
炭酸ジュースみたい。

フタを閉めなおしたところ、炭酸ガス漏れでブシュブシュいっているのが少し怖いです

次回追記内容では、飲めるところまで上手く行っていると嬉しいです。

ABOUT ME
葉隠しんの
座右の銘は「冗談のなかに真実あり。真実のなかに偽りあり。」 あなたに新たな発見や楽しい時間を過ごすという価値を届けます。