ベルギー生活

【ブルージュ】ベルギー名物フリット(フライドポテト)の秘密と美味しい作り方【観光】

こんにちは、葉隠しんの(@Singularity1217)です。

ベルギー名物といえば、チョコレート、ワッフル、フリットとありますが、本記事ではフリットの謎について迫ります。

フリットとは、言ってしまえばフライドポテトのことです。

しかし、そう言うとベルギー人はやや複雑な気持ちになるようです。
そんなベルギー人のこだわりの1つであるフリットについて学ぶべく、「フリットミュージアム」を訪問しました。
ちなみに正式名称は「ベルジウムフライ」です。

しんの
しんの
レストランや日常会話でフリットのことをついうっかりフライドポテトと言うと、若干相手の機嫌が悪くなる時があるんですよね。
正式名の通りベルジウムフライというと心なしか、少し嬉しそうです。

ちよこ
ちよこ
こだわりの強さは想像以上ね。
ちなみに中の人が、この記事は正直B級観光地のレポだから軽い気持ちで楽しんでって言ってたよ。

ブルージュにある「フリットミュージアム」に来ました

 

ちよこ
ちよこ
外観は普通。

しんの
しんの
まさか中身がもやもや観光スポットだとはこのとき想像していませんでしたね。

 

 

ちよこ
ちよこ
わたしは、絶対に顔出しして記念撮影したくないキャラクターを見たときに気づいてた。
しんの
しんの
これはちょっと恥ずかしいですね。

以下の章では、フリットミュージアムでの学びをご紹介します。

ジャガイモの歴史を1分でおさらい

フリットの歴史に入る前に、原料となるジャガイモについて簡単にご紹介します。

ジャガイモの原産国南米アンデスです。
1570年ごろ、スペイン人によってヨーロッパへ持ち帰られました。

ヨーロッパでは主食として麦が栽培されていました。
しかし、以下の3つのメリットから、ジャガイモはヨーロッパ各国へ広がっていきました。

  1. 地下で育つため、戦で踏み荒らされても収穫できる
  2. 寒冷地でも育てられる
  3. 小麦の3倍といわれるほど生産性が高い

中でも、ジャガイモはアイルランドで爆発的に普及したのですが、1845年から1849年にジャガイモの疫病が流行り、当時の人口の20%にあたる100万人が亡くなったとのことです。

それくらい、ヨーロッパにおいてジャガイモは文字通り根付いている食べ物なのです!

ちよこ
ちよこ
中の人が「ちょっとうまいこと言ったな」って得意げなのを察知して少し腹立った。

しんの
しんの
あとでお説教ですね。

 

現在ジャガイモは世界中で生産されており、米の生産高が約3.8トンであるのに対し、ジャガイモは約16トン収穫されているそうです。
米の4倍作られているというのは、米が主食の感覚からいくと、驚きですね。

ジャガイモの生産量は中国が一番です。
そしてロシア、インド、ウクライナ、アメリカと続きます。
アメリカはジャガイモを大量生産していそうですが、案外少ないのですね。
ここにも驚きました。

 

 

また、ジャガイモそのもののカロリーは、くらいのもので100kcalしかないそうです。
このミュージアムには、「ジャガイモは我慢せずにいくらでも食べていいのです!」という看板がありました。

ちよこ
ちよこ
ただし、フリットをいくらでも食べていいとは言ってない。

しんの
しんの
ポジショントークですね。

ちなみに現在食べられているジャガイモには様々な種類があるそうです。
ミュージアムでは、多種類のイモのオブジェが飾ってありました。

 

 

 

ちよこ
ちよこ
…ちょっともやもやする。

しんの
しんの
雲行きが怪しくなってきましたね。

フリット(フライドポテト)の歴史を1分でおさらい

本ミュージアムによると、フリットの発祥はベルギーとのことです。
しかし、そこに科学的な話や歴史的な証明はないとのことです。

ちよこ
ちよこ
!?

しんの
しんの
!?

ちよこ
ちよこ
…ほんとにそう言ってたの?

しんの
しんの
展示によるとそう書いてましたね。

 

 

ちなみに、ポテトチップス1853年にアメリカのニューヨークで、サラトガ・スプリングズのレストランでジョージ・グラムというかたが発明したそうです。

ちよこ
ちよこ
ポテトチップスの歴史の方が詳しい。
もやもやする。

しんの
しんの
歴史は怪しいですが、ベルギー人はフリットの作り方や味にはこだわりがあるようですよ。

フリット(フライドポテト)に対するこだわり

ベルギーのフリットに対するこだわりは、二度揚げにあるようです。

  1. 130°-140°で6分間、中身に火が通るように揚げる
  2. 10分以上、冷ます
  3. 165°-170°の高温で1.5~3分間、カリカリになるように揚げる

ちよこ
ちよこ
それで、厚みがあるのにカリカリホクホクに揚がってるのね。
どうでもいいけど下のキャラクター、もやもやする。

 

 

しんの
しんの
伝統的なフライドポテト屋の設備でも、温度が違うフライヤーが数か所、また上のほうに一度揚げたあとポテトを置いておく箇所がありますね。

 

 

まとめ

ちよこ
ちよこ
いや、いかがだったでしょうか?とか言っても綺麗にまとめきれないよ。
どうするの?

しんの
しんの
ちょっと中の人に、経験を交えて考察して貰いましょう。

フリットの歴史に関しては、 不明瞭な点はありましたが、フリットの二度揚げによる味わいとベルギー人のこだわりはホンモノのようです。

また、ベルジウムフライと銘打つことで、観光資源のひとつとして成り立っているというのが大きいようです。
国を挙げての観光戦略&マーケティングのたまものといったところでしょうか。

ただし、観光用の文化、というのではなくしっかりと庶民の味として生活に馴染んでいるようです。
このミュージアムにもたくさんのベルジウムフライグッズが展示してありました。

庶民の味も観光資源として売り出すしたたかさが、小国であるベルギーが存在感を示している秘密なのかもしれません。

 

ちよこ
ちよこ
レトロな自販機、カッコいい。

しんの
しんの
そうですね。
さて、帰りましょうか。
見てるだけでお腹いっぱいになってきましたね。・・・

 

。。。。。。

 

。。。。。。

 

しんの
しんの
・・・
ちよこ
ちよこ
・・・結局やってしまった・・・

ちなみにこのフリットミュージアムのチケットは「Choco-Story」というチョコレートミュージアムのチケットとセットにすると、割安で購入できます。

「Choco-Story」もブルージュにあり、チョコレートの歴史を学ぶことができるミュージアムです。
ご興味のある方は下記の記事もぜひご覧ください。

ベルギーチョコレート「DEPLA POL」
なぜベルギーチョコレートは有名なのか? チョコレートの国と聞くと、みなさんはどこを思い浮かべますか。 カカオ生産高世界1位、150万トンに迫る勢いのコートジボワールで...
古都ブルージュの魅力【ベルギー観光情報】 ブルージュとは ブルージュは、ベルギーの北西部に位置する街です。 ブリュッセルから、約100km離れています。 ブリュッセルか...
ABOUT ME
葉隠しんの
座右の銘は「冗談のなかに真実あり。真実のなかに偽りあり。」 あなたに新たな発見や楽しい時間を過ごすという価値を届けます。