ベルギー生活

なぜベルギーチョコレートは有名なのか?

ベルギーチョコレート「DEPLA POL」

しんの
しんの
こんにちは、葉隠しんの(@Singularity1217)です。

ベルギー名物といえば、チョコレート、ワッフル、フリットとありますが、本記事ではチョコレートの謎について迫ります。

チョコレートの国と聞くと、みなさんはどこを思い浮かべますか。
カカオ生産高世界1位、150万トンに迫る勢いのコートジボワールでしょうか?

おそらく、多くのかたが「チョコレートといえばベルギー」とおっしゃられるのではないかと思います。

ではなぜ、原料であるカカオの取れないベルギーのチョコレートが有名なのでしょうか。
不思議に思いませんか?

たしかに、ベルギー人もチョコレートには誇りを持っており、街中でも美味しいチョコレートを売っている小さなショップが沢山あります。

ではどうしてそうなっているのでしょうか?
改めて調べるべく、ブルージュにある「Choco-Story」というチョコレートミュージアムに行ってきました。

ちよこ
ちよこ
なにこの変なキャラクター
記念撮影する人、いるのかしら。
でもチョコレートは好き。私の名前の由来でもあるし。

しんの
しんの
キャラクターは変ですが、この記事を読むと、チョコレートが一段と美味しくなるかもしれません。

チョコレートの歴史を3分間で

チョコレートの歴史を3分間で振り返りましょう。
チョコレートの原料として欠かせないのがカカオです。

本ミュージアムでは実際に栽培されておりました。
日本では見たことがなかったので驚きです。

 

 

この実は模型です。
中のマメのような部分がカカオです。

 

 

このカカオ、南アメリカのアステカが起源です。
紀元前5000アステカ文明で飲まれ、儀式や生活の一部となっていました。

 

 

ちよこ
ちよこ
まさかアステカ文明から始まるとは思わなかった。

 

 

しんの
しんの
あ! 石仮面!
ジョジョを思い出しますね。

その後、大航海時代となり、1528年には南米からスペインに伝わり飲まれ始めます。
実はこの頃のチョコレートは現代のチョコレートのように甘くありませんでした
サトウキビが伝来していなかったためです。

この頃はスパイシードリンクとして、現代のシャンパンのようにめでたい飲み物として飲まれておりました。

しんの
しんの
ミュージアムによると、コロンブスが1502年に船の航海中に飲んだ記録があるようですね。

17世紀のスペインでは健康飲料として提唱され、また上流階級の社交界でも楽しまれるようになりました。
実はこの頃にスペイン統治下にあったベルギーでも、甘くないチョコレートが飲まれていました。

1800年代にサトウキビが伝わることによって、現代の甘いチョコレートのようになっていきました。

 

 

しんの
しんの
サトウキビの絞り汁を乾燥させて、砂糖の結晶を取り出していたようです。

ちよこ
ちよこ
初めてチョコレートを甘くした人は天才だと思う。

ベルギーのチョコレートはいつ有名になったの?

実は、ベルギーのチョコレートが有名になったのは、20世紀になってからです。

1852年に創業のノイハウス1912年プラリネという、中にナッツを溶かしてクリーム状にしたものが入ったチョコレートを大ヒットさせたことによります。

更に1913年に創業したレオニダスが、1935年マノンという、中にヌガーの入ったクリームを入れたチョコレートをヒットさせます。

ノイハウスも、レオニダスも現在では王室御用達として有名です。

なぜヒットに至ったのか?
ミュージアムによると、それまでチョコレートは簡易的な包装だったのですが、プラリネやマノンというチョコレートは壊れやすいため、オシャレなボックスに入れて売り始めたことがきっかけでした。

これによって、現代にも通じる贈答品としての需要も喚起されるようになりました。

しんの
しんの
新しいチョコレートを生み出した技術力と、ブランディングを掛け合わせて成功させたわけですね。

ちよこ
ちよこ
ちょっとびっくり。

しんの
しんの
レオ二ダスのマノンって確かに美味しいですが、普通にそんな名前のバリエーションだと思ってました。
チョコレートの中に、クリームなどが入っているのは普通ですからね。
それまでそんなチョコレートがなく、製造技術上も困難だったとすると、衝撃的な発明だったのかもしれませんね。
今度、チョコを買ってきて写真を載せますね。

 

しんの
しんの
最近では、カカオの産地ごとのチョコレートを作って、個性を際立たせ新たな需要を喚起しているそうです。
シングルモルトウイスキーみたいですね。

 

 

ちよこ
ちよこ
これだと、わたしに合った味はどれかな、って買う事前提で探し始める

しんの
しんの
商売上手ですね。

まとめ

チョコレートミュージアムでの学びをまとめました。

  1. カカオの生まれは南米。
    紀元前
    5000年にはアステカ文明で食べられていた記録あり。
    1528年にスペインに持ち込まれ、飲まれ始めた。
    甘くなったのは
    1800年代にサトウキビが伝わってきてから。
  2. ベルギーでチョコが有名になったのは19世紀に入ってから。
    その背景はパティシエの技術力とプロモーションのうまさによる。
  3. 今日では、ベネズエラなど原産地を絞ったチョコで新たな需要を喚起している。

しんの
しんの
チョコレートが南米からもたらされ、ベルギーを初め世界中に根付いていることにもびっくりしましたが、ベルギー=チョコレートとなったベルギーの手腕にも驚かされました。
まさに甘い罠かもしれません。

ちよこ
ちよこ
ちょっとうまいこと言った気になってる。。。


しんの
しんの
・・・

ちよこ
ちよこ
・・・

 

ちなみにこのチョコレートミュージアムのチケットは「フリットミュージアム」のチケットとセットにすると、割安で購入できます。

「フリットミュージアム」もブルージュにあり、ジャガイモやフリット(フライドポテト)の歴史を学ぶことができるミュージアムです。
ご興味のある方は下記の記事もぜひご覧ください。

【ブルージュ】ベルギー名物フリット(フライドポテト)の秘密と美味しい作り方【観光】こんにちは、葉隠しんの(@Singularity1217)です。 ベルギー名物といえば、チョコレート、ワッフル、フリットとあります...
古都ブルージュの魅力【ベルギー観光情報】 ブルージュとは ブルージュは、ベルギーの北西部に位置する街です。 ブリュッセルから、約100km離れています。 ブリュッセルか...
ABOUT ME
葉隠しんの
座右の銘は「冗談のなかに真実あり。真実のなかに偽りあり。」 あなたに新たな発見や楽しい時間を過ごすという価値を届けます。