オトナの自由研究

【マスター・キートン】スーツはサハラ砂漠で快適か? 【検証!】

あいつは、カーリマンだ。

浦沢直樹氏著「マスターキートン」より

浦沢直樹氏著「マスターキートン」の知識、「砂漠でスーツは快適である」は、アフリカの大地、サハラ砂漠で通用するのか? 検証してきました。

ちなみに、マスターキートン」はまだ読んでいません。先に謝ります。
今回、非常に興味が湧いたので近々読みます。

しんの
しんの
サハラ砂漠に行くことを、弟者に話したら、マスターキートンの知識「砂漠でスーツは快適か?」を試したら? って教えて貰ったんですよ。

ちよこ
ちよこ
なにそれ。あ! でも、こちらのサイト様で検証済み。二番煎じじゃない?

しんの
しんの
こ、こちらのかたはオマーンに行ってらっしゃるのです。今回はアフリカの大地、サハラ砂漠での検証ですよ。大丈夫です。多分。上記サイト様ではマスターキートンの知識を詳しく述べられていますし、原作への愛情を感じますね。砂漠でスーツが快適か? のくだりを知らない人は必見です。でも、見たあとは満足せずに必ずこちらに戻ってきて下さいね。約束ですよ?

ちよこ
ちよこ
くるしい・・・ 

しんの
しんの
・・・

と、言うわけでサハラ砂漠です。

ちよこ
ちよこ
唐突に到着ね。あたしはいろいろ、あなたに言いたいことがあるんだけど?

しんの
しんの
、、、ここに辿り着くまで、おもしろトラブル続きだったのですが、それはまた別の機会に。

早速スーツを着てみたよ

ちよこ
ちよこ
連れてきてくれた砂漠の民の人。爆笑してたよ。

 

しんの
しんの
何やってるの? って聞かれたんでMen in black in desert!”と説明したら。ツボに入ったみたいです。そこまで面白いことを言った覚えはないので、なんか不安です。きちんと「日本の漫画で、砂漠ではスーツが良いって紹介されてたのよ」と説明しようとしたんですけど、「漫画ってなに?」からだったので諦めました。

ちよこ
ちよこ
それで、スーツは快適?

しんの
しんの
日差しは強いのですが、風が吹くと涼しい気がします。正直、もともと暑くないような気も、、、正直、冬ですし。スキンヘッドに日差しが暑いというより痛いです。

夜になったよ

しんの
しんの
スーツの問題点が分かりました。寒さに耐えられない。寒い!写真など取ってる暇はなかったのです。

ちよこ
ちよこ
ダウン着てても寒い! 信じられない! こんなところに来たいって言ったの誰!?

それもそのはずです。
下記は今回訪問したサハラ砂漠、メルズーガ@モロッコの気温です。

サハラ砂漠は常夏と思いきや、季節は冬だったのです。
最高気温は17℃、最低気温は2℃です。

しんの
しんの
夜、裸足で砂漠を歩いたら、冷たすぎて凍傷になるかと思いました。砂漠は常に暑いわけではないのです。夜の厳しい寒さ。これもまた砂漠の一面なのです。

検証のため、他のところでもスーツを着てみたよ

しんの
しんの
砂漠じゃなくても、高温かつ湿度が低ければスーツは快適なんじゃないか? ということに気付いたのです。ということでシェフシャウエン@モロッコで、スーツを着てみました。

しんの
しんの
日差しはあるが湿度は低い条件、砂漠と変わらない感じがします。日差しはあるが、風は涼しい。ただし、スキンヘッドには日差しが暑いというより痛いです

①サハラ砂漠に限らず、日差しが強いかつ湿度が低い環境であればスーツは快適

②冬季のサハラ砂漠は昼の暑さよりも、夜の寒さのほうが過酷
生き延びるためには夜の対策が重要

③残念ながら、スーツでは頭皮をカバー出来ていない。
スキンヘッドの人は帽子が必須

 

オマケ:石ころをなめて唾液を出そう

しんの
しんの
石ころを舐めると、唾液が良く出るらしいのですよ。でも、前の写真のように、オレンジ色でサラッサラのサハラ砂漠には石がほんとに落ちてないです。・・・あ!見つけました!

 

しんの
しんの
早速舐めてみますかね。。。

ちよこ
ちよこ
・・・! しんの! それ、石ころじゃない! ラクダのウ○コさん!

しんの
しんの
あべし!

しんの
しんの
ってよく見たら、辺り一面、ラクダのウ○コさんだらけです!

↑ドットに見えるのは、すべてラクダのウ○コさんです。

サハラ砂漠にはほとんど石は落ちていません。
が、観光客向けのキャンプの周りにはラクダのウ○コさんがビックリするくらい落ちています。

口に含むのはやめましょう。

 

ちよこ
ちよこ
何気に頑張ったのは、連れまわされたあたしだと思う。あと、しんのが、サハラ砂漠の紀行文を書いたみたい。このnoteの売り上げは、あたしが貰って良い約束になってるから、読まなくても良いので買ってね。
ABOUT ME
葉隠れしんの
今のあなたの常識にとらわれて、可能性を諦める人を減らしたい。わたしが突拍子のないことや、独創的な情報を伝えるよ。きみが笑顔になって、コイツなら超えられるかも!と思ってくれたら幸せです。ちなみに忍者設定。ドロン!